2011年05月28日

太陽光発電の仕組み

あなたのご自宅も自家発電しませんか?

現在、電力の多くは原子力発電や火力発電で作られています。
これらの電力は資源の枯渇や放射能汚染等、多くの問題を抱えています。

一方、太陽エネルギーは枯渇する心配や危険性は全くない上に、たった1時間のあいだに太陽から放出されるエネルギーで地球全体の消費電力の1年分を賄うと言われています。
クリーンで無限に放出され続けるこの自然エネルギーの恩恵を受けない理由はないと思いませんか?
それが、文明社会を維持しつつ、私たちの子供や孫の世代により良い世界を残していく最善の方法であると考えています。



太陽光発電の仕組み

太陽光発電は、太陽光パネルに太陽光が当たることで発電した直流電力をパワーコンディショナという装置にて、家庭電力として使用できる交流電力に変換後、分電盤を通って様々な家電製品に供給される仕組みになっています。

発電電量が消費電力を上回った場合は、電力会社へ送電し、電気を売ることができます。
一方、曇りや雨など天候が悪い日や夜間などは発電した電力だけでは足りない場合が多いので、その不足分を従来通り電気会社から電気を購入します。
こうした電気の一連のやりとりは全て自動で行われ、操作する必要は一切ありません。

posted by taiyou00 at 22:00| 太陽光発電の仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
《全国対応》太陽光発電無料一括見積り〜他サイトより高けれはご一報ください〜

↓ ↓ ↓ 無料見積もりはコチラ ↓ ↓ ↓
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。